発達障害を自然なものでケアする方法 〜脳が欲しいのはお薬ではありません〜

埼玉県行田市で
お子さんの発達障害でお悩みの
ママさんに

自然療法でケアをする方法を
お教えしている
ラファの薫です。

 

皆さんは発達障害を
栄養療法で治療し
非常に高い成果を出している
病院があるのをご存知でしょうか?

この栄養療法を
分子整合栄養学と言います。

 

私たちは食物を食べて
命を動かしていますが

私たちの体が
きちんと働くための
栄養素が食物に含まれている量が
激減しています。

 

人間の身体は化学工場です。
約3500種類の化学反応
いわゆる『代謝』が
身体を正常に働かせ

不調を整えたり
病気を治してくれます。

代謝を起こすために
必要な栄養素が不足し
機能不全に陥っていることが
病気の根本原因です

 

人間の成長に
十分な栄養が必要なのは
誰もがわかることだと
思います。

 

子どもの脳は
3歳までに80%
6歳までに90%
12歳までに100%
出来上がると言われています。

 

本来の原因が栄養不足なので
本当は脳や身体に必要な栄養が
取れないといけないのですが

 

0歳から4歳児への
向精神薬処方が増えています。

平成27年のデータなので
今はもっと増えていると思います。

エビリファイ 9,739錠
リスパダール 29,485錠(+液)
ストラテラ 6777錠

 

お子さんの脳が欲しているのは
お薬ではなくて栄養です

 

発達障害の原因
改善するためのポイント

・DNAを傷つける要素に対するケア
・腸内環境を整える
・アレルギー物質を控える
・毒素の除去

です。

 

こちらは2012年に
NHKのクローズアップ現代で
取り上げられた内容のリンク。

“薬漬け”になりたくない ~向精神薬をのむ子ども~
| NHK クローズアップ現代
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3213/1.html

 

分子整合栄養学をもとに
世界で一番厳しい
品質検査をクリアした
オーガニックメディカルアロマを
プラスした

からだの内側から整える
根本自然療法を
お教えしています。

 

お子さんの今の状態
将来を悲観して
心を痛めている
お母さん、お父さん

どうか可能性を信じて
希望を捨てないで
取り組んでみませんか?🌟

発達障害カウンセリングのご案内

 

Posted by oluolu